特殊機械はネットで調達|残土ふるい機など豊富な取り揃え

作業員

古い土もエコに繋がる

MICRONIX

spectrumanalyzerを利用すれば色々と楽になります。テレビ電波がうまく受信されているかチェックする際に役立ちます。

クレーンは点検と修理をしてこそ安心して使用出来るのです。ですから、專門業者に確認をしてもらって下さい。

法人から個人へ再利用

construction

通常、残土を処分する時には産業廃棄物として処理されるケースが多いものの、工夫次第ではエコへと繋げることが可能です。建築や工事現場、農業の場において土の分別が必要となります。その際に用いりたいのが残土ふるい機で、土や砂利、石やゴミなどをキレイにふるい分けることができます。また、農業用となる古い土の分別にも機械が利用できることから、古い土を再生土として提供することも可能です。例えば、ガーデニングや家庭菜園などの植物を育てるためには土作りが必要となります。農業に特化しているプロによる土の再活用が行えることによって、土作りが格段とラクに行えるメリットが挙げられます。残土ふるい機を利用することで、植物の根や葉、固形肥料などを選別することが容易に行え、法人から個人へ、また家庭で十分に利用できる用土へ再生させることも可能です。

再利用時のチェック

残土ふるい機を利用することによって、土と石などが混ざり合う状態を短時間で分別させることができます。全自動となる特殊機械でもあることから、購入する場合には費用も高額となりやすいため、利用にはレンタル専門業者製への問い合わせが適しています。ここでの注意点としては、農作業機を販売している業者においても取扱っている場合があるため、レンタル費には差が生じやすく、比較検討して利用する必要があります。また、残土ふるい機を利用するのであれば、通常ホッパーにスコップを利用して残土を流すのですが、ベルトコンベアーとの組み合わせで提供している場合もあるため、機械の選び方もポイントです。その他、残土ふるい機を利用して物質を分別することによって再利用できますが、注意したいのが法律で定められている残土の利用基準で、土の硬さ、含まれる水の割合、土粒の大きさなどの確認が必要となるため、再利用を目的とする場合には情報をチェックしておきます。

農業で効率良い機械

作業員

工事向けの特殊な機械の中には、土壌を効率的に作ることのできる残土ふるい機も展開されています。機械であるため、人の手が不要となる等の利点を挙げることができる一方で、メンテナンスも重要であり、必要に応じた使い方や管理が大切です。

詳細を確認する

産業廃棄物を処理するには

機械

産業廃棄物処理の方法は廃棄物処理法で定められており、この法律で定められた適切な方法で産業廃棄物を処理することが、その産業廃棄物を輩出した業者・人に対して義務付けられています。適切な処理を行わない事によって人体に悪影響を及ぼすこともあるので、適切な処理を行いましょう。

詳細を確認する

廃棄物の適切処理のために

作業員

廃棄物には一般廃棄物と産業廃棄物とに分類され、産廃処理の際には間違って分類されやすい廃棄物もあるので注意が必要です。また産廃処理のための処理機を導入する場合は、メンテナンス性やランニングコストを考慮した機器選びの工夫が重要となります。

詳細を確認する