特殊機械はネットで調達|残土ふるい機など豊富な取り揃え

工場

産業廃棄物を処理するには

人体に影響のないように

機械

産業廃棄物には有害物質が含まれていることが多く、そのため「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」通称廃棄物処理法によって産業廃棄物処理の方法は定められていることが多いです。 そもそも産業廃棄物というのは、廃油や廃酸・アルカリなどが挙げられます。また、特定事業に関しては製紙業・建設業で生じた紙くず、建設業の木くず、繊維業・建設業の繊維くずなど指定された業務で生じた通常であればゴミとして扱われるものも産業廃棄物処理を行う必要がある場合もあります。 PCBの廃油によって人体に悪影響を及ぼしたカネミ油症事件のように、産業廃棄物処理が行われていないと人体に悪影響を及ぼし、訴訟となってしまうこともありますので適切な産業廃棄物処理を行いましょう。

処理の責任は

それでは、産業廃棄物処理の責任はどのようなものが問われるのでしょうか。 これに関しては廃棄物処理法によって定められており、産業廃棄物を処分する際はその産業廃棄物を処理する資格を持っている業者と書面契約を行い、しっかり処理を行わなければいけないと言う義務があります。 このように産業廃棄物の取り扱いに関してはとても厳重に扱わなければならないということがこのことから伺えます。 産業廃棄物の処理の責任はその産業廃棄物を排出した人・業者に責任があるとされ、適切な処理がされていないと排出した産業廃棄物の処理・撤去の費用が請求されることがあります。 このようなことにならないためにも適切な産業廃棄物の処理を行いましょう。