特殊機械はネットで調達|残土ふるい機など豊富な取り揃え

工場

廃棄物の適切処理のために

一般廃棄物との違いに注意

作業員

廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物とに分類されます。この分類は廃棄物処理法で明確に定められており、産業廃棄物は20種類の廃棄物がこれに該当します。一般廃棄物と産業廃棄物はそれぞれ適正な処理方法も違っており、法律での排出事業者に対する責任の定義も違ってくるので注意が必要です。 特に産廃処理においては間違いやすい分類が複数あるため注意を要します。一例を挙げると廃タイヤもよく間違った分類をされる廃棄物です。廃タイヤの場合は産業廃棄物に「ゴムくず」に分類される項目があるため、これに該当すると思われがちですが、実際には産業廃棄物の「廃プラスチック類」に該当します。 他にも会社の書類も本来は一般廃棄物ですが、産業廃棄物として産廃処理される間違いも多いため注意が必要です。

処理機を導入する際の工夫

法律で定められた一部の廃棄物が産業廃棄物に該当し、適切な処理のためには産廃処理に適した処理機を導入して自社で処理するか、産廃処理業者に委託するかのどちらかになります。コスト面を考えると自社で処理機を導入して処理した方が、長期的に見ると優れています。 産廃処理のための機器を導入するにあたっては工夫したい点も複数あります。その1つがメンテナンス性を考慮した処理機の導入です。破砕機や粉砕機、ドラム式乾燥機など産廃処理のための何れの処理機も構造が簡単な方がメンテナンス性は高くなるため、シンプルな構造でメンテナンスが考えられた設計の機器を選ぶのが理想です。 またランニングコストも考慮した処理機選びも重要です。例えば廃液や残滓などの産廃処理に向いているドラム式乾燥機の場合、工場内の蒸気を利用できるタイプの製品もあり、製品選びの工夫次第でランニングコストを大幅に削減できます。